とあるオタクの後悔日誌。

オタクとして持つべきモチベーションを喪いつつあることへの危惧感

iPhone、つらすぎる

おはにちばんは、Canagawerです

 

n番煎じなボヤきネタ

 

ティムだかジョブズだかがご親切なことに僕らのアイフォーーーンから美しくないイヤホンジャックを取り除いてくれたことへの感謝と、このハイレゾ大航海時代に未だにAACのみで戦おうとする蛮勇への賞賛。

 

さて、話は1年ほど前、僕がアイフォーーーンに乗り換えたことから始まる

 

Xperia SO-02Eから始まり今までずっとandroidユーザーだった僕がiOSに乗り換えた主な理由は2つある

1つが格安SIMからSoftBankに乗り換えたとき心惹かれるandroid端末がなかったこと

(通信会社変更についても後悔しているが今は触れない

もう1つが世間がやたらとアイフォーーーンを褒めそしていたので、じゃあ使ってみようじゃないのということ

(使ったことないのに貶すのはちょっとダサいからね

 

買ってからしばらくは可もなく不可もなくフーンこんなもんか……って感じだったんですけど、やはりツラい

 

ファイル送信の煩雑さなどもあるけど、なにより音楽よ

 

そう、知っていて選んだ自分も悪いがイヤホンジャックがないのである

 

じゃあApple様の言う通りBluetoothを使うかとなったんだがここで問題が発覚

 

対応コーデックがSBC,AACしかないんですよ

 

こっちに関しては全く知らんくて焦った

 

ワイヤレスかつ高音質という僕の需要を満たすためには最低でもaptX(hdならなおよし)やLDACに対応してもらわないといけないのに……SBC?AAC?それホントに言ってる?

 

いやー、困ったと

 

ただiPhoneからAAC以外のコーデックで飛ばすにはカメラケーブルだの送信機だのなんだの揃えなきゃいけないワケで費用対効果はお察しだし、ジャラジャラとアイフォーーーン様からケーブルをブラ下げることになりダサい邪魔ウザいということで却下

 

付属のlightening-3.5mmイヤホンジャックを付けるのもダサいので却下

 

んで、結局選んだ選択肢が音楽はDAP買って有線、動画の視聴などiPhoneではポタアンを使用するというもの

 

まあここまでは別にいいんだけどさ

 

それで買ったのがSR15(90kした)ので単純に破産だし

DAPあるなら音質求めないからなんでもいいやという理由で中古で安く買ったポタアンがpha1ともはやポータブルでない古のシロモノで

 

完全になにやってるんだ自分っていう迷走ぶりだよね

 

後悔はしてるけど満足もしてるので、まあいいかなとも思ってる

 

以上、自分用戒めメモでした

よく考えて生きようね!

 

(今度は妥協してBluetoothイヤホンやヘッドホンを買ってみようかな

 

おわり

 

 

グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONを鑑賞しました。

9日前に下書きに入れたまま忘れてたけど、お蔵入りさせるのは流石に勿体無いので一応投げとこう

 

ということで、初投稿です

 

(以下、下書きのまんま。

 

内容としてはタイトルのとおり『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATIONを鑑賞しました』ので、その感想になります。

 

(アルコール入ったまま書いてたので無駄に長文で内容がないよう……

 

なんとなく映画館入ったら「お、知ってる作品やってんじゃん!」ってことで観ただけなのですが、結構面白かったです

点数としては8/10(もう少し動いて欲しかった、派手な戦いが見たかったということで各1点マイナス)くらい。

 

f:id:Canagawer:20190412053329j:image

 

 

(まず、グリザイアシリーズの知識に関しては、アニメで果実〜楽園までを視聴した程度のものしかないですよ〜、と姑息にも予防線を張らせていただきます。ゴメンナサイ。

 

では、そろそろテキトーにポツポツ書いていきますね。

 

作品の概要としてはグリザイア3部作(って呼び方でいいのかな?)と共通の世界観で、時間軸的にはグリザイアの楽園でのお船ドーン!から数年ってところらしいです。

この辺は劇場作品ということで作中組織など固有名詞がたくさん出てきていて、前提知識必須みたいなところがあり、初見さんには厳しそうって感じですね。

 

ポスターを見て、「イラストのタッチはアニメのときと変わってないけど、エイトビットではなく(しかもよくわからん)バイブリーアニメーションスタジオが制作〜!?」って多少ご不安になっていたのですが、蓋を開けてみれば安定のクオリティでした。

まあ、監督・シリーズ・構成脚本が天衝さん、キャラデザ・総作監渡辺明夫さんとコアなメンバーに変わりがないからかな〜?と素人としては思いました(勿論3部作に寄せた面もあるカモですが)。

 

声優に関しても、深夜アニメでよく見る!って人たちが多く、聞き慣れている声で安心〜でした。

 

ニンジャちゃんがネオサイタマ出身らしかったり、オタクが喜ぶ小ネタもちらほらでした。

 

ただ、劇場作品としては動きが乏しいというか、いろいろケチったのでは?って思えてしまう部分がありましたね。

例えば冒頭の剣道のシーンで打ち合いを効果音だけで表して画面は上の方映していたり、キャラの口元だけ動かして他が動かないシーンが多かったり、EDではよく分からないキラキラで済ませていたり……etc.

あんまりアニメーションがアニメーションしているかについて興味はないし知識もないんですけど、劇場版ならもう少しリッチにやってほしいかなー?と。

 

ようやく内容についての感想になります。

この『グリザイア:ファントムトリガー THE ANIMATION』という作品の内容を僕的に端的に要約すると、「可哀想な美少女が戦ういつものやつ」ですかね。

これを観るために、この映画を観に来たんだ!って感じ。ド安定。

 

ただ今作はキャラ紹介、背景説明の面が大きいんでしょうか。敵がしょぼかったので戦闘面はビミョーな感じでした。

いや、女の子同士がブン殴り合うのはとても文化的で良かったですが。

 

先生の親(犯罪者?)とか、なんでマスターがマスターなのかとか、ほかのキャラの過去だとか。

気になるところはたくさんあるので、続きが気になりますな〜

 

そもそも公開してたことを知らないくらいの興味だったけど、結構楽しめました。

 

アマプラでグリザイア3部作観れた気がするし、ヒマなオタクは劇場へ急げ!!

 

 

 

 

 

 

 

おそらく自分含め数名くらいしか読まないログなのでどうでもいいですが、スマホから何も考えずに書くとページ内リンクが作れない上、太文字や下線に色変えなど読みやすい見た目に弄れないのでツラいところがありますね。ありますよ。ありますかね?

 

おわり。

ゴアイサツ。

はじめまして、Canagawerです。

 

タイトルの由来は見ての通りゼロ年代において流行ったライトノベルシリーズ。

 

このブログは以下の要素を含む文章によって構築されるはずです。

 

1.ゲーム

主にスマホ、据え置きハードのものについて

 

2.アニメや映画など映像作品

ジャンル問わず観たものについて

 

3.その他、雑多なこと

 

この先更新がなされるか分かりませんが、「ヨロシクオネガイシマス」です。